紙のムダ使いという声も

紙の原料は木です。 大体紙は使い捨てであることが多いために資源の無駄につながります。 そこで今注目されているのがIT、家電(携帯)なのです。 これによってペーパーレスが可能となります。 例えば大量に紙を消費するものといえば雑誌があります。しかしこれらが電子化してタブレットなどで見られるようになれば多く無駄がなくなります。 またビジネスのシーンでもペーパーレスが進むのです。 例えばプレゼンなどをする場合には資料を製作しますが、それをコピーして冊子にするのではなくデータにして送信をするのです。 これもムダ使いを避けられます。 また、医療機関でもカルテのペーパーレス化が進んでいるのです。 カルテを電子化することにより膨大な紙が不要になりますし、場所を取ることもありません。 電子カルテの場合でしたら他の方が見ていても見られるのが特徴ですし、すぐに欲しいカルテを検索して見られる利便性もあります。 今までペーパー媒体を使っていたビジネスで急に電子化するのはかなり大変な作業になりますが、徐々にペーパーレス化を進めているところもありますし、アウトソーシングによって電子化させているところもあります。 IT、家電(携帯)の発展によってエコにも貢献するのです。 木の伐採が少なくなれば土砂崩れの危険性もなくなりますし二酸化炭素の量も少なくなります。 IT、家電(携帯)の発展は地球に悪い影響を与えるというイメージもありますが、実際にはその逆なのです。 海外などでビジネスをしているときに日本にある資料が必要になったときもいちいち送ってもらう必要もありません。 ITツールがあればそのまま資料が見られます。 IT、家電(携帯)によって資源のムダもが省けますし時間のムダも省けるのです。 ビジネスがスムーズにいく手助けをしてくれます。 ITツールはハッキングされる可能性があるということで危険視されれていますが、その点は今後対策をさらに強化することにより危険性をゼロにできます。

資料のために印刷するという紙をムダに

ビジネスの場においても、ITツールを使うことが主流になってきています。IT、家電(携帯)の発達により、打ち合わせや会議の時、資料のために印刷する場合の紙のムダがなくなったのです。打ち合わせや会議が行われる場合、大量の資料が必要になることが多いです。今までは出席する人数分を印刷して作成し ~ 続きは見出し!!