タブレットを持って営業へ

近年の急速な普及によって、今日の私たちの日常生活においてすっかり馴染みのIT、家電(携帯)デバイスとなったタブレット端末。 スマートフォンよりも大画面でパソコンよりも手軽で扱いやすいタブレット端末は、IT、家電(携帯)業界に革命を起こしたと言っても過言ではないでしょう。 事実、大型の家電量販店を訪れてみると、IT、家電(携帯)コーナーにずらりと並んだタブレット端末を見ることができます。キャリアと通信契約を結ぶことで、スマートフォンと同様にいつでもどこでもインターネットに接続することができますし、大画面ですので、画面に表示したデータを複数人で共有することも容易です。 個人が遊びで利用する以外においても、教育現場やビジネス現場など、あらゆる場面において使用されているIT、家電(携帯)デバイスなのです。 近年主流となっているのが営業にタブレットを利用するという方法です。 顧客に自社の商品・製品を説明する際に、容易にその場でプレゼンテーションを行うことができるのです。パソコンのようにスライドの準備に時間がかかりませんし、効果的なアニメーションや画像などを表示できるプレゼンテーションは営業効果をより高めてくれる手法であると言えます。 そのプレゼンテーションを素早く手軽に行うことができるので、大変便利と言えますね。紙の資料を配るだけでは新鮮味がありませんし、営業を行う上で重要なインパクトに欠けてしまいます。 ちょっとしたプレゼンテーションを行うことで、インパクトの強い商品・製品PRをすることができるのです。 またタッチパネルを活用して、自社でアンケートなどを作成すれば、訪れた顧客に簡単なアンケートに答えてもうらことも可能となります。ペンを持って紙に記入をするアンケートですと、手間がかかりますし、億劫で顧客にも避けられてしまいがちですが、タッチパネル式のアンケートであれば気軽に答えてくれることでしょう。 営業において、頼もしいビジネスツールなのです。

お客の前で、実際に見せる事が可能に

IT、家電(携帯)の進化によって様々な機能を持ち合わせた機械が登場しています。例えば自動洗浄機、実際に汚れたお皿を洗浄機に入れて汚れが落ちていく様子をお客の前で見せる事で主婦層のお客様は大変驚かれます。特に昼間は働いている主婦の方には一台置いておく事で時間を大幅に短縮する事も出来る他 ~ 続きは見出し!!